• 主要株価指数  
  • 日経平均株価
    12/11 15:15
    22,938.73 +127.65
  • ドル/円
    12/11 18:39
    113.36 -0.10
  • 株式新聞Webとは?

    株式新聞Web

    ※ 株式新聞の定期購読をご希望の方はこちら

    株式新聞Web概要

    株式新聞Web概要

    株式新聞が選ばれる理由
    トップシェアを誇る証券専門紙!

    株式新聞Webは1949年創刊の日本最大の証券専門紙「株式新聞」のWeb版です。

    17時30分にWEBで読める!

    株式新聞の朝刊が前日の夕方に読めるため、余裕を持って明日の投資戦略を立てることができます。
    過去の記事も過去3年分閲覧できます。
    ※キーワード検索は過去6ヶ月分

    オリジナルコンテンツが充実!

    「カリスマ株式評論家・山本伸のプレミアムレポート」、本紙記者による注目銘柄情報 「堂々!勝負株」など株式新聞Webでしか読めないプレミアムコラムを掲載しています。

    スマートフォンにも対応!

    PC版だけでなく、スマートフォンにも対応!1カ月4,000円(本体価格)です。

    ※ 株式新聞の定期購読をご希望の方はこちら

    豊富なコンテンツラインアップ
    トップニュース
    トップ記事は株式新聞オリジナルの「巻頭特集」。株価を動かす新材料や業績予想などの独自の視点で掘り下げて提供します。
    堂々!勝負株
    週4回の掲載です。
    記者の独自の視点から切り込んだ銘柄を紹介します。
    注目株
    株式新聞の名物コーナーをWebでも。相場にマッチした、即勝負できる一押し銘柄を毎回お届けします。目標株価や損切りライン、保有期間をわかりやすく明示し「実戦」に対応します。
    株式新聞アーカイブス
    株式新聞は1949年の創刊から60年超、株式市場を見つめてきました。ブラック・マンデー、証券不況による最安値、バブルの盛況と崩壊。経済のターニングポイントとなった事象を中心にその時の株式紙面を紹介し、当時の株式市場を振り返ります。
    ファンド株主判明ツール
    その株式がどういったファンドに保有されている銘柄なのかが一目で分かるツール。「株式新聞Web」を運営する投資信託評価のモーニングスターがグローバルネットワークを活用し、独自に収集して作成したものです。

    IPO
    これから公開される銘柄の詳しい紹介はもちろん、綿密な市場分析に基づく初値予想や投資判断が好評。ブックビルディングに挑むにあたっての、濃厚な投資情報をお届けします。
    新興市場&ベンチャー
    個人投資家に人気の高い新興市場の銘柄やベンチャー企業の情報が満載。株式新聞記者陣の強力な取材網を通じ、注目企業に直接斬り込みます。また、ホットなテーマをいち早く紹介し、新たな材料をどんどん発掘していきます。
    見通し
    明日の相場を読むためのポイントを紹介しています。週末は、翌週の株式市場を予想する「週間展望」を掲載。株価の動きのポイントとなる経済統計や注目イベントをお知らせ。四半期に1度、全上場銘柄(一部除く)の決算発表スケジュールを掲載します。
    コラム
    株式新聞記者によるコラム「視点」では、他にはない独自の切り口で様々な投資テーマを紹介していきます。
    主要株価指数・きょうの場況
    「今日の場況」では、その日の東証1部と新興市場の動きを解説します。値動きの要因や外国人投資家の動向を、精鋭の場況担当記者が惜しみなくご紹介します。
    この情報は投資判断の参考としての情報提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的としてはいません。又、弊社が信頼できると判断したデータにより作成しましたが、その正確性、安全性等について保証するものではありません。著作権等の知的所有権その他一切の権利はモーニングスター株式会社並びにMorningstar,inc.に帰属し、許可なく複製、転載、引用、配布することを禁じます。

    ※ 株式新聞の定期購読をご希望の方はこちら

    株式新聞注目株から多くの上昇銘柄が! 軟調相場でも光る銘柄をピックアップ

    株式新聞の精鋭記者の緻密な取材により、大型株、新興市場株、注目のテーマ関連など、多くの上昇銘柄が現れました。
    (上昇率は2016/1/28現在)

    <4312> サイバネット
    掲載欄:1面トップ
    「AR元年、関連銘柄マーク」
    掲載時 380円(2016/1/19)
    高値 1,230円(2016/1/29)
    編集部コメント

    ウエアラブル端末やスマートフォンの普及を背景に、AR(拡張現実)/VR(仮想現実)の技術がゲーム、観光、製造業などあらゆる分野で爆発的な普及期を迎える機が熟したと判断し、投資テーマとして紹介しました。中でも注目銘柄として取り上げたサイバネットは、既に実績も豊富で今後の一層の活躍が期待されます。全体相場が中国ショックで大荒れとなる中でしたが、頑強な値動きで大化けしてくれました。

    <2359> コア
    掲載欄:1面トップ
    「宇宙ビジネス本格化へ」
    掲載時 879円(2015/12/9)
    高値 1,860円(2016/1/12)
    編集部コメント

    急成長が見込まれる宇宙関連ビジネスは、株式市場でも有力な投資テーマになっています。そうした中、衛星を日本の天頂付近に常に1機が位置するように配備し、全国で山やビルなどの障害物があっても高精度の衛星測位情報を受信できるようにする国家プロジェクトの「準天頂衛星システム」の活用をいち早く進めている企業として、コアを取り上げました。相場波乱局面でもテーマ性が重視され、好結果を残すことができました。

    <3031> ラクーン
    掲載欄:新興市場面
    「ラクーン、好業績期待」
    掲載時 381円(2015/12/10)
    高値 879円(2016/1/6)
    編集部コメント

    同社が新たな収益柱として育成中の、中小企業間を対象としたインターネット完結型の後払い決済方法「Paid」の可能性に注目し、業績拡大の見通しを報じました。フィンテック(金融のIT化)が物色テーマとして注目を集めていたこともあり、ほどなく狙い通り株価は鋭角的な上昇に向かうかたちになりました。既存事業の、中小企業向けを対象とした企業間(BtoB)取引サイト「スーパーデリバリー」もまだまだ成長余地が大きいと思われます。

    <9517> イーレックス
    掲載欄:1面・注目株
    掲載時 1,289円(2015/11/19)
    高値 2,345円(2016/1/6)
    編集部コメント

    4月に迫る電力小売の完全自由化を踏まえ、バイオマス、石炭、オフガス、LNG(液化天然ガス)、太陽光発電など多彩な電源による電力販売事業を展開する同社に脚光を当てました。掲載当時の株価はPERは17倍程度と割安感のある水準に放置されていたこともあり、自信を持って紹介しました。来期以降、発電子会社が同社の大きな収益源になる見通しで、中・長期的成長への期待が高まっています。

    当サイトに掲載された銘柄は過去に株式新聞で取り上げ、その後上昇した銘柄の一例を示しているものです。また、個別銘柄の上昇、下落については、株式新聞で取り上げた以外にも、様々な要因で変動するため、株式新聞で掲載されたことが個別銘柄の上昇あるいは下落を示唆または保証するものではありません。株式新聞Webは情報提供のみを目的としたものであり、株式の売買は自己責任に基づき、ご自身で判断をお願いします。