• 主要株価指数  
  • 日経平均株価
    12/15 15:15
    22,553.22 -141.23
  • ドル/円
    12/16 04:49
    112.62 +0.24
  • 注目株

    プリマは内需株物色で恩恵、冬の鍋需要も追い風

    2017年12月04日掲載

    •  

     出遅れ銘柄を探す動きが活発化する中で、内需株に再度物色が向かう展開を予想。今回は食料品セクターからプリマハム(2281)に注目してみたい。

     業界3団体が発表した10月の全国食品スーパー売上高は既存店売上が前年同月比で減少。生鮮部門では水産物がマイナスとなった一方で、食肉関連の売上が拡大した。これは、気温の低下により鍋などの需要が増加したことが要因とみられる。11月以降も厳しい寒さが続いていることから、今冬は食肉関連に追い風が吹くと見込まれ、プリマの業績にもプラス寄与しそうだ。

     同社は今3月期の上期連結営業利益が従来予想を9億円超上回って着地。また、通期の営業利益予想を130億円から149億円(前期比4.3%減)に増額している。ハム・ソーセージやコンビニ向け総菜などが好調を維持すれば、増益転換も期待できる。

     株価は1月安値の403円から10月に817円まで買われ、2倍となったが、その後はもみ合いに転じている。今期PERは18倍台だが、セクター内では相対的に割安な水準にある。

    (片岡利文)

    ※この記事は有料版記事のディレイ掲載です。有料版では新聞掲載日の前日17時30分からお読みいただけます。

オンラインIR特集

株式新聞 注目企業
主要株価指数・為替
  • 日経平均株価
    (12/15 15:15)
    22,553.22
    (-141.23)
  • 米ドル/円
    (12/16 04:49)
    112.62
    (+0.24)
  • ユーロ/円
    (12/16 04:49)
    132.43
    (+0.06)

個人型確定拠出年金 iDeCo (イデコ)


つみたてNISA