• 主要株価指数  
  • 日経平均株価
    06/23 15:15
    20,132.67 +22.16
  • ドル/円
    06/23 22:48
    111.20 -0.11
  • 新興国

    <新興国eye>前週のインド株、米利上げや米政局懸念受け続落=BRICs市況

    2017年06月19日 10時16分

    •  

     前週(12-16日)のインド株式市場で代表的株価指数SENSEX指数の16日終値は前日比0.06%安の3万1056.4と続落し、週間ベースでも9日終値比0.66%安と続落した。

     週明け12日の指数は反落して始まった。金融株やIT株などこれまで株価が上昇していた銘柄に利益確定売りが広がった。

     13日は前日引け後に発表された5月CPI(消費者物価指数)が市場予想を下回ったことからインド準備銀行(RBI)の10月会合で利下げされるとの観測が高まり買いが優勢となった。14日も利下げ期待が支援材料となり続伸した。

     15日は前日のFOMC(米連邦公開市場委員会)でFRB(米連邦準備制度理事会)が米利上げを決定する一方で、保有債券残高を縮小し量的金融緩和からの脱却を図るタカ派的スタンスを示したことや、FBI(米連邦捜査局)がトランプ米大統領によるコミー前FBI長官の解任は司法妨害の可能性があるとして捜査に着手し米政局不安が意識され売り優勢に傾いた。週末16日は材料難の中、ジェネリック医薬品大手ルピンが業績の先行き懸念から4%以上急落した他、ソフトウエア輸出大手インフォシスも米国の就労ビザ規制強化を懸念して下落し、指数の下げを主導した。

     今週(19-23日)のインド市場は、引き続き政府の景気・金融対策やモンスーン期の降雨量、企業決算などが注目される。主な経済指標の発表は21日のM3マネーサプライ(通貨供給量)や23日の外貨準備高と銀行預金・貸出残高など。

    <関連銘柄>

     上場インド<1549.T>、インドNIF<1678.T>、インドブル<2046.T>、

     インドベア<2047.T>、iSエマジン<1582.T>

    提供:モーニングスター社

オンラインIR特集

株式新聞 注目企業
主要株価指数・為替
  • 日経平均株価
    (06/23 15:15)
    20,132.67
    (+22.16)
  • 米ドル/円
    (06/23 22:48)
    111.20
    (-0.11)
  • ユーロ/円
    (06/23 22:48)
    124.37
    (+0.21)