• 主要株価指数  
  • 日経平均株価
    01/17 15:15
    23,868.34 -83.47
  • ドル/円
    01/17 15:51
    110.78 +0.30
  • 国内市況

    日経平均は173円高と続伸、米国株の最高値更新で買い先行、一巡後は伸び悩む=22日前場

    2017年11月22日 11時41分

    •  

     22日前場の日経平均株価は前日比173円79銭高の2万2590円27銭と続伸。朝方は、21日の米国株式の最高値更新を好感し、買い優勢で始まった。株価指数先物買いを交えて上げ幅を拡大し、一時2万2677円34銭(前日比260円86銭高)を付ける場面があった。一巡後は円強含みもあって、利益確定売りに2万2555円14銭(前日比138円66銭高)まで伸び悩み、その後は2万2600円近辺でもみ合いとなった。

     東証1部の出来高は7億7155万株、売買代金は1兆3082億円。騰落銘柄数は値上がり1296銘柄、値下がり639銘柄、変わらず102銘柄。

     市場からは「米国株の最高値更新に続き、香港ハンセン指数や中国・上海総合指数も強い動きだ。秋からの上昇相場に対する調整はある程度入れており、今後とも海外株高と連動した流れが期待される。ただ、23日は日米ともに祝日(休場)でポジション整理売りの動きも出てきそうだ」(中堅証券)との声が聞かれた。

     業種別では、JXTG<5020.T>、コスモエネHD<5021.T>などの石油石炭製品株が上昇。コマツ<6301.T>、オークマ<6103.T>などの機械株や、国際帝石<1605.T>、石油資源<1662.T>などの鉱業株も堅調。トヨタ<7203.T>、SUBARU<7270.T>などの輸送用機器株も買われた。

     半面、マルハニチロ<1333.T>、サカタのタネ<1377.T>などの水産農林株が軟調。すかいらーく<3197.T>、丸井G<8252.T>などの小売株や、中国電力<9504.T>、四国電力<9507.T>などの電気ガス株も売られた。

     個別では、1対2の株式分割などを発表したイートアンド<2882.T>がストップ高カイ気配。木村化<6378.T>、ニッカトー<5367.T>、TYK<5363.T>、ファーストブラザーズ<3454.T>などの上げも目立った。

     半面、豊和工<6203.T>、北の達人<2930.T>、双信電機<6938.T>、日ペイントHD<4612.T>(買収提案報道の真偽確認ため午前10時41分から一時売買停止)などの下げが目立った。なお、東証業種別株価指数は全33業種中、29業種が上昇した。

    提供:モーニングスター社

オンラインIR特集

株式新聞 注目企業
主要株価指数・為替
  • 日経平均株価
    (01/17 15:15)
    23,868.34
    (-83.47)
  • 米ドル/円
    (01/17 15:51)
    110.78
    (+0.30)
  • ユーロ/円
    (01/17 15:51)
    135.68
    (+0.18)

個人型確定拠出年金 iDeCo (イデコ)


つみたてNISA