• 主要株価指数  
  • 日経平均株価
    01/17 09:56
    23,772.85 -178.96
  • ドル/円
    01/17 10:19
    110.42 -0.06
  • 国内市況

    日経平均は25円安と反落、値上がり銘柄が1200超えでTOPIXは連日の年初来高値=21日後場

    2017年12月21日 15時37分

    •  

     21日の日経平均株価は、前日比25円62銭安の2万2866円10銭と反落して取引を終了。一方、TOPIXは同1.45ポイント高の1822.61ポイントと続伸し、連日で年初来高値を更新した。前場にTOPIXが反落したことで、日銀によるETF(上場投資信託)買い期待が高まったことや、日銀の決定会合で政策変更がなかったことなどを材料に、日経平均株価も後場の取引開始後、午後零時32分には同3円23銭高の2万2894円95銭とプラスに転じる場面もみられた。ただ、東京市場で売買シェアの高い外国人投資家が、クリスマス休暇入りで動意に乏しく、利益確定売りに押された。為替相場は、ドル・円が1ドル=113円40銭前後(20日終値113円13-14銭)と円安方向に振れたものの、影響は限定的だった。東証1部の出来高は14億5182万株、売買代金は2兆3215億円。騰落銘柄数は値上がりが1224銘柄、値下がりが742銘柄、変わらずが96銘柄だった。

     市場では「日銀によるETF(上場投資信託)買い期待や、日銀の政策変更がなかったことなどが買い材料視されたようだが、押し上げるには力不足だった」(中堅証券)との声が聞かれた。

     業種別では、三菱UFJ<8306.T>、三井住友<8316.T>などの銀行株や、JR東日本<9020.T>、JR東海<9022.T>などの陸運株が下落。第一生命HD<8750.T>、T&DHD<8795.T>などの保険株や、三井不<8801.T>、住友不<8830.T>などの不動産株も安い。ローソン<2651.T>、イオン<8267.T>などの小売株や、王子HD<3861.T>や日本紙<3863.T>などのパルプ紙株が軟調。東レ<3402.T>、ワコールHD<3591.T>などの繊維株や、JAL<9201.T>、SFJ<9206.T>などの空運株も下げた。東証業種別指数は全33業種のうち、値下がりが14業種、値上がりが19業種だった。

     個別では、ユナイテド海<9110.T>、日本オラクル<4716.T>、十八銀行<8396.T>、ソリトン<3040.T>、アビスト<6087.T>などが下落。半面、月島機<6332.T>、パソナ<2168.T>、シンクロF<3963.T>、アグロカネシ<4955.T>、ヒマラヤ<7514.T>などが上昇した。

    提供:モーニングスター社

オンラインIR特集

株式新聞 注目企業
主要株価指数・為替
  • 日経平均株価
    (01/17 09:56)
    23,772.85
    (-178.96)
  • 米ドル/円
    (01/17 10:19)
    110.42
    (-0.06)
  • ユーロ/円
    (01/17 10:19)
    135.75
    (+0.26)

個人型確定拠出年金 iDeCo (イデコ)


つみたてNISA