• 主要株価指数  
  • 日経平均株価
    04/26 15:15
    22,319.61 +104.29
  • ドル/円
    04/26 16:54
    109.34 -0.04
  • 国内市況

    日経平均は続伸、日中値幅は今年最小=16日のマーケット動向

    2018年04月16日 16時13分

    •  

    <株式>

     16日の日経平均株価は前週末比56円79銭高の2万1835円53銭と続伸した。日中値幅は104円08銭と今年最小。

     朝方は、時間外取引での米株価指数先物高を支えに買い優勢で始まった。米英仏はシリアのアサド政権が化学兵器を使用したと断定し、日本時間14日午前に同兵器の関連施設を軍事攻撃したが、影響は限定的でひとまずアク抜けの格好となった。上げ幅を広げ、一時2万1879円69銭(前週末比100円95銭高)まで上昇したが、一巡後は上値が重く前引けにかけて2万1800円台前半で推移した。

     後場は売りが先行。円相場が対ドルで強含んだこともあり、一時2万1775円61銭(前週末比3円13銭安)まで弱含む場面があった。その後は株価指数先物買いを交えて持ち直したが、戻りは限定された。

    <マーケット情報>

    ・日経平均株価 2万1835円53銭(+56円79銭)

    ・高値2万1879円69銭/安値2万1775円61銭

    ・TOPIX 1736.22(+6.86)

    ・値上がり1192/値下がり805/変わらず85

    ・新高値34/新安値50

    ・出来高 13億1043万株

    ・売買代金 2兆388億円

    ・マザーズ指数 1122.39(-34.00)

    <為替>

     16日の東京外国為替市場でドル・円は低調な流れとなっている。米英仏の有志連合軍は14日未明(シリア現地時間)、シリア・アサド政権が化学兵器を使用したと判断。化学研究施設や化学兵器保管庫などにミサイル攻撃を実施した。

     ただ、金融市場に目立ったリスクオフは起こらず週明けのドル・円は前週終値と同水準の1ドル=107円半ばで推移。午前9時以降は17日から始まる日米首脳会談を控えてドル・円のポジションを調整しようとの動きからドル安・円高が進行、午後には一時107円12銭を付けている。

    提供:モーニングスター社

オンラインIR特集

株式新聞 注目企業
主要株価指数・為替
  • 日経平均株価
    (04/26 15:15)
    22,319.61
    (+104.29)
  • 米ドル/円
    (04/26 16:54)
    109.34
    (-0.04)
  • ユーロ/円
    (04/26 16:54)
    132.99
    (-0.11)

個人型確定拠出年金 iDeCo (イデコ)


つみたてNISA