• 主要株価指数  
  • 日経平均株価
    04/25 15:15
    22,215.32 -62.8
  • ドル/円
    04/26 05:20
    109.37 +0.58
  • 国内市況

    日経平均が4日続伸、一時150円超高で1万7000円に迫る場面も=6日寄り付き

    2016年10月06日 09時40分

    •  

     6日の日経平均株価は、午前9時30分時点で、前日比120円高の1万6900円台の半ばで推移している。4日続伸スタート後、午前9時16分には、同151円73銭高の1万6970円97銭まで上昇する場面が見られた。5日のNYダウが3日ぶりに反発したことを好感し、シカゴ市場日経平均先物の円建て清算値は、5日の大阪取引所終値比130円高の1万6950円だった。財務省が、取引開始前に発表した9月25日-10月1日の対内対外証券売買契約状況では、非居住者の株式取引が2517億円の取得超で、4週ぶりに取得超となっている。

     業種別では、SOMPOHD<8630.T>、東京海上<8766.T>などの保険株や、国際帝石<1605.T>、石油資源<1662.T>などの鉱業株が上昇。大和証G<8601.T>、野村<8604.T>などの証券株や、出光興産<5019.T>、JX<5020.T>などの石油石炭株も高い。郵船<9101.T>、商船三井<9104.T>などの海運株や、新日鉄住金<5401.T>、JFE<5411.T>などの鉄鋼株も堅調。三菱UFJ<8306.T>、三井住友<8316.T>などの銀行株や、日立<6501.T>、東芝<6502.T>などの電機株も買われている。

     個別では、5日引け後、取得上限100万株(自己株を除く発行済み株式数の1.9%)・50億円の自社株買いを行うと発表したアスクル<2678.T>が5日続伸。その他では、巴川紙<3878.T>、エコーTD<7427.T>、イソライト<5358.T>、富士通<6702.T>などが高い。半面、6日の取引開始前、がん幹細胞性阻害剤「ナパブカシン」の進行性結腸直腸がんを対象とした国際共同第3相臨床試験で、プラセボ(偽薬)との有意差が認められなかったと発表した大日住薬<4506.T>が続落。その他では、ホクシン<7897.T>、ABCマート<2670.T>、セブン銀行<8410.T>、SCSK<9719.T>などが軟調な展開となっている。

     東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「5社ベースで、売り1330万株、買い820万株で、差し引き510万株の売り越し」(外資系証券)。午前9時30分時点の東京外国為替市場は、1ドル=103円台の半ば(5日終値は1ドル=102円78-80銭)、1ユーロ=115円台の後半(同115円31-35銭)で取引されている。

    提供:モーニングスター社

オンラインIR特集

株式新聞 注目企業
主要株価指数・為替
  • 日経平均株価
    (04/25 15:15)
    22,215.32
    (-62.8)
  • 米ドル/円
    (04/26 05:20)
    109.37
    (+0.58)
  • ユーロ/円
    (04/26 05:20)
    133.12
    (+0.03)

個人型確定拠出年金 iDeCo (イデコ)


つみたてNISA