• 主要株価指数  
  • 日経平均株価
    02/20 15:15
    19,251.08 +16.46
  • ドル/円
    02/21 00:26
    113.06 +0.25
  • 株式

    今晩のNY株の読み筋=トランプ次期米大統領、景気刺激策の具体案示すか

    2017年01月11日 18時44分

    •  

     きょうの注目はなんといっても当選後初となるトランプ次期米大統領の記者会見だろう。米東部時間11日午前11時(日本時間12日午前1時)からニューヨーク市内で行われる。内容の詳細は伝わっていないが焦点は景気刺激策の詳細に踏み込むか否か。大規模減税やインフラ投資に関する財源やスケジュールに触れれば株式市場にとってプラス。素直に上昇すると見て良い。

     また、足元では国内外の製造業に対し米国内での生産を要望する保護主義的なツイッター投稿が相次ぐ。今回の会見でも同様の発言を行うのかになる。一方、景気刺激策の具体策を示さなければ失望感からリスクオフの流れとなりそう。財源を考えれば今後の議会折衝は必須で、現状では詳細を示さない可能性も十分あり得る。警戒はしておきたい。

     ダウ工業株30種平均は前日、31.85ドル(0.2%)安の1万9855.53ドルで終了した。市場の期待に応える内容なら一気の2万ドル乗せも期待できる。逆に失望感が強ければ下値支持線となっている25日移動平均線1万9801ドルを大きく割り込みそうだ。

    (日付は現地時間)

    ◎投資関連情報は投資の参考として情報提供のみを目的としたものであり、株式の売買は自己責任に基づき、ご自身で判断をお願いします。

    提供:モーニングスター社

オンラインIR特集

株式新聞 注目企業
主要株価指数・為替
  • 日経平均株価
    (02/20 15:15)
    19,251.08
    (+16.46)
  • 米ドル/円
    (02/21 00:26)
    113.06
    (+0.25)
  • ユーロ/円
    (02/21 00:26)
    120.12
    (+0.36)