• 主要株価指数  
  • 日経平均株価
    05/26 15:15
    19,686.84 -126.29
  • ドル/円
    05/28 15:36
    111.31 -0.55
  • 株式

    信用を読む=売り残が3週ぶり、買い残は2週ぶりに増加、信用倍率は2.2倍に低下

    2017年01月11日 19時33分

    •  

     6日申し込み現在の2市場信用取引残高は、金額ベースで売り残が前週比417億円増の9272億円、買い残が同123億円増の2兆1061億円だった。売り残が3週ぶりに増加し、買い残は2週ぶりに増加。信用倍率は前週の2.3倍から2.2倍に低下した。

     この週(4-6日)の日経平均株価は、6日の終値が12月30日の大納会終値比339円高の1万9454円だった。4日大発会で大幅高を演じた後、利益確定売りに上げ幅を縮小して取引を終えた。

     個別銘柄で、売り残増加、買い残増加の上位には、ユニチカ<3103.T>、ソフトバンク<9984.T>、三住建設<1821.T>が入っている。ユニチカは85円前後の低位に位置し、もみ合いとなっていることから、強弱感が対立し残高が積み上がったようだ。ソフトバンクは、5日に昨年来高値を更新するなど堅調に推移。米国株高が継続するなか、孫正義社長と米トランプ次期大統領の会談後から、次期大統領の関連銘柄として意識されている面もあるようだ。三住建設は大発会で続伸し、上値を抑える格好となっていた5日線を上抜けたことで、目先的に先高感が強まったとみられる。

     売り残減少、買い残増加の上位には、野村<8604.T>、JDI<6740.T>、ガンホー<3765.T>、神戸鋼<5406.T>などが顔を出している。

    提供:モーニングスター社

オンラインIR特集

株式新聞 注目企業
主要株価指数・為替
  • 日経平均株価
    (05/26 15:15)
    19,686.84
    (-126.29)
  • 米ドル/円
    (05/28 15:36)
    111.31
    (-0.55)
  • ユーロ/円
    (05/28 15:36)
    124.39
    (-0.97)