株式新聞

2018年9月19日(水)

デンソー、次世代農業用ハウスの普及拡大を目指し合弁会社を設立

株式

2018/7/11 7:30

 デンソー<6902.T>は10日、次世代農業用ハウスの普及拡大を目指し、大仙(愛知県豊橋市)、トヨタネ(愛知県豊橋市)との3社による合弁会社設立に向け、協議を行うことで基本合意したと発表した。

 合弁会社名はトリシードアグリで、18年12月の設立を予定する。出資比率は大仙が51%、トヨタネと同社が24.5%とする見込み。3社が新たに開発した農業用ハウス「プロファーム T-キューブ」を活用し、農作物の栽培を一貫してサポートする体制を構築する。今後、3社は次世代の施設園芸をリードし、国内農業の競争力向上に貢献することを目指すという。

 10日終値は、前日比99円高の5378円。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ