株式新聞

2018年11月14日(水)

今晩のNY株の読み筋=NATO首脳会談に注目

株式

2018/7/11 17:26

 10日の米国株式市場では好決算銘柄を中心に堅調推移となったが、トランプ大統領が中国製品に対する2000億ドル相当の関税リストを公表するとの報道を受けて時間外取引で米株価指数先物は軟調推移となっている。日本時間の朝方に正式に公表され、日経平均株価などアジア株は急落し、欧州株も軒並みさえない。米国株もこの流れを引き継ぎ、さえない展開となりそうだ。

 11-12日は北大西洋条約機構(NATO)首脳会議が開かれ、トランプ米大統領も出席する。欧州側はロシアの脅威に対抗するために防衛強化などで結束をアピールしたいところだが、トランプ大統領はNATO加盟国の国防支出の低さに不満を表明しているうえ、16日にはヘルシンキでロシアのプーチン大統領と会談する予定だ。米国と欧州は対ロ政策でも温度差があり、通商問題に加えて投資家心理を冷やす材料になる恐れがある。

<主な米経済指標・イベント>

6月生産者物価、米10年国債入札、北大西洋条約機構(NATO)首脳会議にトランプ米大統領が出席

(日付は現地時間)

◎投資関連情報は投資の参考として情報提供のみを目的としたものであり、株式の売買は自己責任に基づき、ご自身で判断をお願いします。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ