株式新聞

2018年7月23日(月)

ロングライフ、出直りの動き強める

1面注目株

2018/7/12 17:30

 介護付き有料老人ホームのロングライフホールディング(4355・JQ、百株)が出直りの動きを強めてきた。今10月期の上期業績予想は利益面が未達となったが、一時的な要因が大きく、通期計画の達成や中期的な成長トレンドに与える影響は小さそうだ。

 上期業績は売上高が当初見込みを上回ったが、シンジケートローン組成に伴う費用増、労務費の増加が響いて経常損益は赤字となった。ただ、ロングライフの業績は上期のウエートが低く、例年下期にほとんどの利益を稼いでいる。上期業績未達の理由も一時的なもので、通期計画達成への懸念は乏しい。

 通期の連結売上高は130億円(前期比5.7%増)、経常利益5億円(同7.7%増)を見込む。

 入居率の向上、リゾート事業の立ち上がりなど実態は好調。上期計画の未達も株価の出直り基調に影響を与えていない。

(小泉健太)

※右の画像クリックで紙面拡大

(イメージ写真提供:123RF)

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store