エスティックが続落、立会外分売による短期的な需給関係の悪化を警戒

株式

2018/8/24 16:06

 エスティック<6161.T>が続落し、一時205円安の4760円を付けた。23日引け後、同社株の分布状況の改善と流動性向上のため、立会外分売を行うと発表。短期的な需給関係の悪化を警戒し、売りが優勢となった。

 分売の実施日は24日で、株数は13万5000株。分売値段は23日の終値4965円から2.98%ディスカウントされた4817円。

 24日終値は、前日比185円安の4780円。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

アクセスランキング(24時間)・PTS株価

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ