株式新聞

2018年12月10日(月)

<NY株暴落でどうなる>NYダウ831ドル安、ナスダックも急反落

世界株安

2018/10/11 17:31

 10日の米国株式は、NYダウが前日比831.83ドル安の2万5598.74ドルと大幅に続落し、ナスダック総合指数が同315.966ポイント安の7422.050ポイントと急反落して取引を終了。出来高概算は、ニューヨーク市場が10億6783万株、ナスダック市場が29億7695万株だった。NYダウの下げ幅は2月8日(1032.89ドル)以来、8か月ぶりの大きさ。

 米10年物国債の金利が一時3.24%まで上昇(価格は下落)し、金利上昇により割高感の高まったハイテク株が売られた。また、米中の対立による貿易摩擦の激化も警戒され、取引終了にかけ下げ幅を拡大した。NYダウ採用銘柄は全30銘柄が下落、ナイキやマイクロソフト、ビザなどが値下がり率の上位に入っている。

 米シカゴ市場の日経平均先物の円建て清算値は、10日の大阪取引所終値比730円安の2万2800円だった。

(イメージ写真提供:123RF)

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ