入管法改正案、2日に閣議決定へ―外国人の就労後押し

 外国人労働者に新たな在留資格を設ける出入国管理法(入管法)改正案が、2日にも閣議決定される。政府は今国会での成立を目指す構えだ。野党の反発が予想されるものの、人手不足の問題が深刻化する中、外国人労働・・・

この記事は会員限定です。
会員登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ