株式新聞

2018年11月14日(水)

9日の債券市場見通し=米債券安を受けて軟調な展開か

債券

2018/11/9 8:17

予想レンジ:債券先物中心限月(12月限)150.60円-150.70円、長期国債利回り0.120%-0.130%

 9日の債券市場は、前日の米債券安を受けて軟調な展開となりそうだ。

 米国市場では小幅の下落となった。FOMC(米連邦公開市場委員会)で、将来の利上げ継続への警戒感が改めて意識された。

 国内市場では、米債券安に加え、1ドル=114円台までドル高円安が進んでいることも売り圧力が掛かりそうだ。

 来週13日の30年国債、20日の20年国債、27日の40年国債と、超長期国債の入札が3週間続く。「日銀の国債買い入れオペで、需給の緩みを意識した売りも上値を抑制する」(銀行系証券)という。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ