東製鉄が続伸、三菱UFJモルガン証は「オーバーウエート」継続、目標株価は1180円に引き上げ

株式

2018/11/9 16:05

 東京製鉄<5423.T>が続伸。三菱UFJモルガン・スタンレー証券では8日付で、レーティング「オーバーウエート」(強気)を継続、目標株価は1160円から1180円に引き上げている。

 19年3月期以降のスプレッド見直しにより同証券単体経常利益予想を上方修正、あわせて目標株価を1180円に引き上げるとしている。株価上昇の条件として、(1)コスト上昇分の販売価格への転嫁(2)薄板事業の安定的な収益寄与――の2点が不可欠とみているものの、19年3月期下期に向け実現に向かう可能性が出ていることから、「オーバーウエート」を継続するとしている。

 19年3月期第2四半期(18年7-9月)の同証券予想を上回る値上げ浸透は、同社建値と市中価格のカイ離縮小を意味すると指摘。「コスト上昇分の販売価格への転嫁」は同社も競合する高炉も共通した意志であり、同社が建値を引き上げるタイミングは近いとみているという。

 同証券では単体経常利益について、19年3月期146億円(前期比23.7%増、従来142億円、会社側計画は130億円)、20年3月期164億円(従来163億円)、21年3月期178億円(同177億円)と試算している。

 9日終値は前日比8円高の907円。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ