ソニーが小動き、三菱UFJモルガン証は「オーバーウエート」継続、目標株価は9000円に引き上げ

株式

2018/11/9 16:05

 ソニー<6758.T>が小動き。三菱UFJモルガン・スタンレー証券では8日付で、レーティング「オーバーウエート」(強気)を継続、目標株価は8400円から9000円に引き上げている。

 同証券では業績予想を上方修正、あわせて目標株価を9000円に引き上げている。連結営業利益について、19年3月期9100億円(前期比23.8%増、従来7800億円、会社側計画は8700億円)、20年3月期9400億円(従来9000億円)、21年3月期1兆400億円(同9900億円)と試算。19年3月期の1300億円上積みの主な内訳は、EMIの持分評価益など約1100億円の織り込みやゲーム事業の好調、スマホ事業の不振が背景となっている。

 第3四半期(18年10-12月)以降の為替前提は、会社側が1ドル=112円、1ユーロ=132円、同証券では1ドル=110円、1ユーロ=130円となっている。強気なエクイティストーリーに変更はなく、「既存事業の持続的な拡大に加えてイノベーションが同社の業績拡大を牽引する新たな成長局面入り」とするとしている。

 9日終値は前日比11円安の6248円。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ