株式新聞

2018年12月14日(金)

今晩のNY株の読み筋=OPEC総会を受けたエネルギー関連株の動向に注目

株式

2018/12/6 17:30

 前日はジョージ・H・W・ブッシュ元大統領の追悼式で米株式市場は休場だった。

 きょうアジア市場では、中国通信機器大手ファーウェイのCFO(最高財務責任者)が、米国の要請によりカナダで逮捕されたことで米中貿易問題への懸念が再燃し、日中を含むアジア株が全面安となった。

 前日の休日の影響で11月ADP雇用統計と11月ISM非製造業景況指数の発表がきょう発表される。あすの11月雇用統計への期待が膨らむ好結果となるか注目したい。この他、OPEC(石油輸出国機構)総会がオーストリアのウィーンで開かれる。来年の原油生産量について100万-140万バレルの減産で合意できるとの見方が市場では大勢となっており、合意となれば原油先物価格の下げは一服しそうで、エネルギー関連株が買われそうだ。ただ、カタールがOPECを脱退すると表明しており、OPEC加盟国内の調整が難渋する可能性もあるので、留意したい。

<主な米経済指標・イベント>

11月ADP雇用統計、10月貿易収支、11月ISM非製造業景況指数、10月製造業受注

クローガー、ブロードコムなどが決算発表予定

その他:OPEC総会

(日付は現地時間)

◎投資関連情報は投資の参考として情報提供のみを目的としたものであり、株式の売買は自己責任に基づき、ご自身で判断をお願いします。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ