株式新聞

2019年11月13日(水)

image
お知らせはありません
株式新聞とは お申し込み

東芝機が年初来安値、三菱UFJモルガン証は「Buy」継続、目標株価は3130円に引き下げ

株式

2018/12/7 16:04

 東芝機械<6104.T>が4日続落、51円安の1856円まで売られ、11月21日につけた年初来安値1856円を更新した。三菱UFJモルガン・スタンレー証券では6日付で、レーティング「Buy」(買い)を継続、目標株価は4850円から3130円に引き下げている。

 同証券では業績予想を下方修正、あわせて目標株価を3130円に引き下げるとしている。同証券では連結営業利益について、19年3月期40億円(前期比13.8%減、従来73億円、会社側計画は40億円)、20年3月期69億円(従来90億円)、21年3月期80億円(同101億円)と試算。

 20年3月期はコンセンサスを大幅に上回る増益が見込めると考えることから、「Buy」を継続するとしている。業績下方修正は、押出成形機の業績引き下げを主因に挙げている。ただ、工作機械など全般的な受注が堅調であることに加え、押出成形機の受注残消化が20年3月期にかけて見込める状況になってきたことから、20年3月期業績の大幅増益確度は高いと考えるとコメントしている。

 7日終値は、前日比14円安の1893円。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ