株式新聞

2018年12月14日(金)

<特集>好需給を手がかりに(2)=バンナムHD―通期業績の上ブレに期待

株式

2018/12/7 17:39

 バンダイナムコホールディングス<7832.T>に注目したい。19年3月期第2四半期累計(18年4-9月)連結業績は計画を大幅に超過し、据え置かれた通期の業績予想は上ブレの公算が大。11月30日現在の信用倍率は0.52倍と売り長になっている。

 同社の19年3月期第2四半期累計は、売上高3346億6500万円(前年同期比8.4%増)、営業利益439億3500万円(同25.7%増)。「機動戦士ガンダム」シリーズのプラモデルやコレクターズフィギュア等のハイターゲット層向け商品、「ドラゴンボール」シリーズ等のカード関連商品等が国内外で人気となり、「トイホビー事業」が営業利益を128億4200万円(同2.3倍)に伸ばして全体をけん引。連結営業利益は従来予想を149億3500万円超過した。

 通常、最大の書き入れ時が年末商戦であるため会社側は通期の営業利益予想600億円(前期比20.%減)を据え置いたが、下期の営業利益は計算上160億6500万円(前年同期比13.2%減)にとどまり保守的な印象。第2四半期(7-9月)の260億3800万円(同34.7%増)すら下回り、違和感を覚える。増額期待の広がりとともに株価の上昇が続きそうだ。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ