株式新聞

2019年1月23日(水)

<特集>新春期待の銘柄(3)=京急―行楽や海外旅行の増加で堅調な業績動向を見込む

株式

2019/1/11 17:34

 京浜急行電鉄<9006.T>をマークしたい。例年に比べ厳しく冷え込む機会が少ないなか、気象庁の3カ月予報(1-3月)では、東・西日本と沖縄・奄美は、寒気の影響を受けにくい見込みにあり、例年に比べ旅行に出かける人が増えそうだ。同社は、日本のハブ空港である東京国際空港(羽田空港)への鉄道アクセスを持つほか、関東地方でも比較的温暖な気候とされる三浦半島地域に多くの関連施設を保有する。「比較的暖かい冬」の恩恵を受けるとみられる。今後は、新天皇の即位日が祝日となることで、4月下旬から5月上旬にかけて10連休となり、全国的に人の動きが活発化するとみられ、同社業績への追い風になりそうだ。

 同社株は、全般相場が下落するなか12月25日に昨年来安値となる1613円を付ける場面がみられた。株価は週足チャート上で、13週移動平均線の上方に位置し、同線は上昇傾向にある。今後は、横這いを続ける26週移動平均線を下から上に抜けるゴールデン・クロス(GC)への動きも期待される。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ