株式新聞

2019年7月17日(水)

ステラケミフが一時急騰、通期業績予想の上方修正を好感

株式

2019/2/12 16:07

 ステラ ケミファ<4109.T>が一時急騰。8日引け後の決算発表で、19年3月期の連結営業利益予想を上方修正したことが好感され、株価は前週末比221円高の3165円まで値を上げた。

 19年3月期について、予想売上高を従来の377億円から387億円(前期比15.1%増)に、営業利益を26億円から34億5000万円(同45.6%増)にそれぞれ引き上げている。売上高については、半導体液晶部門の出荷量が国内外とも想定を上回り、過去最高を記録する見込みにあることがその要因。利益面は、主原料の無水フッ酸の価格は乱高下し、足もとでは例年より高水準で推移しているが、平均購入価格が想定を下回りそうなことが押し上げに働く見通し。19年3月期第3四半期累計(18年4-12月)は、売上高287億3400万円(前年同期比14.8%増)、営業利益28億8700万円(同26.3%増)で、営業利益は従来の通期予想を超過している。

 12日終値は、前週末比33円安の2911円。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ