株式新聞

2019年8月22日(木)

日経平均は203円高、売買代金上位は任天堂、ソフバンG、オムロンなど

国内市況

株式

2019/3/15 14:20

 15日午後2時15分時点の日経平均株価は、前日比203円55銭高の2万1490円57銭。後場は、上げ幅をやや縮小して始まった。北朝鮮指導部が米国との非核化交渉の中断を検討しているとの報道を受け、いったん円高・ドル安に傾き、重しとなった。ただ、影響は限定的で、その後は高値圏でもみ合い商状となっている。

 午後2時15分時点で、東証1部の騰落銘柄数は値上がり1698、値下がり367。東証業種別株価指数では全33業種中、値上がりは32業種。値上がり率上位3業種は、鉱業、繊維製品、その他製品。値下がりは1業種で、海運。

午後2時10分ごろの出来高上位銘柄

・みずほ<8411.T>

・三菱UFJ<8306.T>

・ADワークス<3250.T>

・TATERU<1435.T>

・ガンホー<3765.T>

午後2時10分ごろの売買代金上位銘柄

・任天堂<7974.T>

・ソフバンG<9984.T>

・オムロン<6645.T>

・キーエンス<6861.T>

・ソニー<6758.T>

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ