株式新聞

2019年5月23日(木)

USMH、2月既存店売上高は前年同月比2.6%減、施策の見直しで一定の効果も全体の改善には届かず

株式

2019/3/15 16:06

 ユナイテッド・スーパーマーケット・ホールディングス(USMH)<3222.T>は15日午前10時、2月の月次売上情報を発表した。

 2月既存店売上高は前年同月比2.6%減で、5カ月連続で前年同月を下回った。客数が同2.4%減、客単価は同0.3%減だった。夕方からの商売の強化を図るなど、各施策の見直しにより、一定の効果があったものの、全体の客数を大きく改善するには至らなかった。一方、PB(プライベートブランド)の「eatime」は2月も新商品を発売し、全体で70品目になった。同社では「好調な売れ行きを示し、各店の売場を活性化させている」(広報IR部)という。

 15日終値は、前日比12円高の1143円。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ