株式新聞

2019年5月22日(水)

<特集>10連休関連、この銘柄に注目(2)=コシダカHD―第1四半期は順調に推移

株式

2019/3/15 17:32

 コシダカホールディングス<2157.T>に注目したい。19年8月期第1四半期(18年9-11月)の連結業績は、「カラオケ」事業の収益改善で順調な推移を見せており、据え置かれた上期の営業利益予想には上ブレの可能性がありそう。

 同社の19年8月期第1四半期は、売上高147億7000万円(前年同期比6.7%増)、営業利益13億6800万円(同29.1%増)。女性専用30分フィットネス「カーブス」事業が会員数を84万5000人(同2.1%増)に伸ばし、営業利益15億100万円(同7.8%増)と順調に推移する中、「カラオケ」事業が営業損益を6600万円の黒字(前年同期は1億6800万円の赤字)に浮上させ、全体として大幅増益を達成した。同事業では18年10月より、会員サービスアプリ「まねきねこアプリ」の提供を開始。ポイントシステムや、ランクアップシステム、ミニゲーム、最寄りのお店検索、店からのお知らせなど便利でお得な機能を盛り込み、顧客へのサービス向上と固定客の増加を図る施策だが、客数増加等で既に効果を発揮している。

 会社側は上期の連結営業利益予想41億2300万円(同11.8%増)を据え置いたが、第2四半期(18年12月-19年2月)の営業利益は計算上27億5500万円(同4.9%増)となり、保守的な印象が漂う。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ