ベンチャー相場展望:需給状況はさらに改善――材料感応度も良好

 今週は3月最終週、実質新年度入りとなる。個人投資家がメーンの新興市場にとっては期またぎのタイミングで目に見えるほどのニューマネー流入は期待できないが、投資家の資金を拘束してきた3月末のIPO(新規上・・・

この記事は会員限定です。
会員登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ