株式新聞

2019年7月19日(金)

鍋島高明のアマチュア相場師列伝:大屋晋三(帝人社長)

コラム

2019/3/31 9:00

 帝人社長を長く務めた大屋晋三が相場師を志願し、有松尚龍を訪ねるのは大正14年(1925年)のことだ。自伝の中で記している。 「そのころ妻の遠縁に当たる有松尚龍が、東京の米穀取引所の一流仲買人となって・・・

この記事は会員限定です。
会員登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ