株式新聞

2019年11月12日(火)

image
お知らせはありません
株式新聞とは お申し込み

放電精密が急落、20年2月期業績の2ケタ減益見通しを嫌気

株式

2019/4/5 12:07

 放電精密加工研究所(放電精密)<6469.T>が急落し、一時277円安の1025円を付ける場面があった。4日引け後、20年2月期の連結業績予想を発表。2ケタの減益見通しを示し、嫌気された。

 20年2月期業績は、売上高120億8000万円(前期比3.4%増)、営業利益7億2200万円(同24.3%減)を予想。放電加工・表面処理事業の航空機エンジン部品での生産が順調に推移することや、機械装置等事業の機械販売で同社製品のデジタルサーボプレス「ZENFormer」の引き合いも多いことから、販売が順調に推移することを見込む。ただ、利益面では、前期に比べ自動車関連の受注が低調になる見込みにあることや、新規事業の立ち上げ費用などの増加が重しとなる。期末一括配当は22円(前期実績22円)を計画する。

 19年2月期決算は、売上高が116億8600万円(前期比9.7%増)、営業利益が9億5500万円(同2.5倍)だった。

 前場終値は、前日比230円安の1072円。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ