株式新聞

2019年6月20日(木)

(再送)12日のPTS注目ポイント=識学、日創プ、セイヒョー、オロ、三栄建築など

株式

PTS

2019/4/12 17:21

▽識学<7049.T>、5月31日を基準日、6月1日を効力発生日として1株を3株に分割

▽Gunosy<6047.T>、広告宣伝費を戦略的に追加投入した影響から、19年5月期の連結利益予想を下方修正

▽三機サービス<6044.T>、サービス別の売上構成と実績に差異が発生したことや省エネ商材の拡大・海外進出に向けた調査・準備などの費用が増加、19年5月期第3四半期(18年6月-19年2月)の連結決算は2ケタの減益に

▽日創プロ<3440.FU> 、19年8月期の連結営業利益は前期比62.7%増の17億6000万円(従来予想は13億800万円)に

▽セイヒョー<2872.T>、19年2月期決算で「継続企業の前提に関する重要事象等」の記載を解消

▽オロ<3983.T>、5月31日付けで1株を2株に分割

▽三栄建築<3228.T>、19年8月期第2四半期(18年9月-19年2月)の連結営業利益は前年同期比2.2倍の53億200万円

▽JESCOH<1434.T>、19年8月期第2四半期(18年9月-19年2月)の連結営業利益は前年同期比4.7倍の1億1400万円

▽北の達人<2930.T>、20年2月期の単体営業利益は前期比45.2%増の27億200万円を見込む

▽ハブ<3030.T>、20年2月期の単体営業利益は前期比18.9%増の9億4000万円を予想、中期計画を策定

▽ギガプライズ<3830.NG> 、19年3月期の連結営業利益は前期比2.4倍の13億2500万円(従来予想は8億2100万円)に、期末配当も増額

▽主な決算発表=DDHD<3073.T>、EJHD<2153.T>、ロゼッタ<6182.T>、ディップ<2379.T>、プラップJ<2449.T>、キャンドゥ<2698.T>、フェスタリア<2736.T>、DCM<3050.T>、ゼットン<3057.NG> 、ドトール日レス<3087.T>、東武住販<3297.T>、SI<3826.T>、ヴィッツ<4440.T>、TONE<5967.T>、アクトコール<6064.T>、チヨダ<8185.T>、リンガーハット<8200.T>、HKS<7219.T>、ネクスG<6634.T>、ヴィレッジV<2769.T>、スーパーV<3094.T>、SFOODS<2292.T>、鉄人化<2404.T>、大黒天<2791.T>、わらべや日洋<2918.T>、ラクトJ<3139.T>、PCNET<3021.T>、SFPHD<3198.T>、ロコンド<3558.T>、ネオス<3627.T>、テラスカイ<3915.T>、UUUM<3990.T>、トーヨーアサノ<5271.T>、コーナン商<7516.T>、SKジャパン<7608.T>、、幸和製作所<7807.T>、ラピーヌ<8143.T>、カンセキ<9903.T>、明光ネット<4668.T>、ブロッコリー<2706.T>

▽主な月次発表=DDHD<3073.T>、ゼットン<3057.T>、ラクス<3923.T>、ジーフット<2686.T>、ユニバーサル<6425.T>、ベイカレント<6532.T>、アスモ<2654.T>

▽自己株式の取得=大黒天<2791.T>、カンセキ<9903.T>

▽主な上方修正=ダイコー通産<7673.T>

▽主な下方修正=三桜工<6584.T>、サンウッド<8903.T>、大庄<9979.T>、住江織<3501.T>、IGポート<3791.T>、テーオーHD<9812.T>、ツインバード<6897.T>

*午後4時40分時点

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ