株式新聞

2019年7月21日(日)

(再送)Olympicが続急伸し年初来高値、20年2月期の連結業績は大幅な増益を予想

株式

2019/4/15 16:39

 Olympicグループ<8289.T>が続急伸。一時147円高の888円を付け、3日に付けた年初来高値778円を大きく更新している。前週末12日引け後、20年2月期の連結業績予想を発表。大幅な増益見通しを示し、好感された。

 20年2月期業績は、営業収益1040億円(前期比7.4%増)、営業利益11億円(同95.7%増)を予想。引き続きEDLP(エブリデーロープライス)政策により集客力アップを図るとともに、店舗規模や地域特性に応じ、専門店事業への業態の見直しを含めた臨機応変な事業展開を行い、営業力を強化する。また、作業改善による店舗運営効率の改善や、グループ間における業務の効率化を進めるとしている。期末一括配当は15円(前期実績15円)を計画する。

 19年2月期決算は、営業収益が1029億4200万円(前期比3.6%減)、営業利益は5億6200万円(同2.3倍)だった。

 15日終値は、前週末比99円高の840円。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ