株式新聞

2019年4月21日(日)

ベルグアースが急騰し年初来高値、ツムラとの業務提携を材料視

株式

2019/4/16 10:46

 ベルグアース<1383.T>が急騰。一時500円ストップ高の2959円を付け、3月18日の年初来高値2519円を大きく更新している。15日引け後、ツムラ<4540.T>と業務提携を行い、薬用植物の種苗の国内生産および生産技術の改良・開発を行い生産性の高い栽培技術を確立することを目指すと発表、材料視された。

 今回の業務提携で、同社は、野菜苗生産で培った技術・ノウハウを活用し、高品質苗の生産技術の開発および苗の安定供給体制の構築とともに、グループ企業の育種・採種技術を活用し、優良系統の選抜や、採種技術の開発および計画的な苗生産を可能にする優良種子の採種・管理を行う。ツムラは、生薬栽培の拡大のため、同社に技術を提供し、共同で新たな栽培体系を構築するという。

 午前10時45分時点の株価は、前日比196円高の2655円。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ