株式新聞

2019年9月19日(木)

出光興産が年初来安値、野村証は「Buy」・目標株価4370円でカバー再開

株式

2019/4/16 16:02

 出光興産<5019.T>が反落、125円安の3455円まで売られ、4月4日に付けた年初来安値3475円を更新している。野村証券では15日付で、投資判断「Buy」(買い)、目標株価4370円でカバーを再開している。

 4月1日に「出光昭和シェル」が誕生、業界再編が起きた11年3月期、18年3月期と同様に、20年3月期も業界再編により国内精製マージンが改善し、石油元売株は上昇する可能性があるとコメント。現行株価は20年3月期のマージン改善の可能性を反映しておらず、20年3月期のマージンが前期比横ばいとの慎重な前提でも現行株価に割安感があると考え、「Buy」に設定するとしている。

 目標株価4370円は、20年3月期予想修正連結1株利益446.3円にPER9.8倍を乗じて算出されている。

 同証券では連結営業利益について、19年3月期1757億円(前期比22.3%減、会社側計画は1630億円)、20年3月期2663億円、21年3月期2435億円と試算している。

 16日終値は、前日比65円安の3515円。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ