株式新聞

2019年8月26日(月)

住石HDが一時続伸、経常利益の大幅増額を材料視

株式

2019/4/16 16:07

 住石ホールディングス<1514.T>が一時続伸。15日引け後に、19年3月期の連結経常利益を大幅増額したことが材料視された様子。株価は前日比3円高の123円まで値を上げた。

 19年3月期について、売上高は従来の200億円から197億円(前期比36.8%増)に減額したが、経常利益を11億円から21億円(同20.0%減)に引き上げている。同社は19年3月29日に、豪州の出資先炭鉱から15億6300万円の配当金を受領したと発表し、19年3月期の業績への影響は、集計中であり、準備が出来次第、速やかに開示するとしていた。

 16日終値は、前日比1円安の119円。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ