23日の東京外国為替市場=ドル・円は111円台後半、売り一巡後に下げ渋る

マーケット情報

為替

2019/4/23 15:05

 23日の東京外国為替市場で、ドル・円は1ドル=111円台後半で推移している。高く寄り付いた日経平均株価が下げに転じるとリスクオフの動きが優勢となり、ドル・円は軟化。10連休を前にした国内輸出企業によるドル売り・円買いも観測され、一時111円65銭近辺まで下落した。ただ、日経平均が下げ一服後に持ち直したためドル・円も下げ渋り、午後3時前には111円90銭台まで値を戻した。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ