マザーズ指数反発、方向感欠く展開続く=新興市場・23日

 マザーズ指数が反発。大型連休前で東京市場への参加者が減少しており、新興市場も方向感のない展開となった。指数は前場に下押す場面があったが後場にプラス浮上。主力株ではサンバイオ<4592.T>、ティーケーピー<3479.T>、そーせいグループ<4565.T>などが堅調で、アンジェス<4563.T>、UUUM<3990.T>は安い。ジャスダックではKeyHolder<4712.T>が大幅安。ジャストプランニング<4287.T>、ネクスウェア<4814.T>は高い。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ