株式新聞

2019年8月24日(土)

ケーヒンが3日ぶり反落、三菱UFJモルガン証は「アンダーウエート」・目標株価1800円に引き下げ

株式

2019/4/23 16:00

 ケーヒン<7251.T>が3日ぶりに反落。三菱UFJモルガン・スタンレー証券では22日付で、レーティングを「ニュートラル」(中立)から「アンダーウエート」(弱気)、目標株価を2400円から1800円に、それぞれ引き下げている。

 20年3月期以降の同証券予想連結営業利益を下方修正、バリュエーション手法変更に伴い、目標株価を1800円に引き下げるとしている。「メガサプライヤーとの競合が多い電動化対応製品だけでなく、2輪車用FIシステムでも熾烈な価格競争となるリスクが高まってきた点を憂慮する」とし、当面の競争環境を慎重に見極める必要があろうとコメント。

 同証券では連結営業利益について、19年3月期260億円(前期比8.2%減、従来260億円、会社側計画は230億円)、20年3月期260億円(従来265億円)、21年3月期270億円(同295億円)と試算。戦略2製品の競争激化による収益性低下を織り込んだことが主因となっている。

 23日終値は、前日比50円安の1896円。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ