<米国株情報>米クラフト・ハインツ、新CEOに元アンハイザー幹部

株式

2019/4/24 10:41

 赤字経営脱却と債務削減を目指している米食品大手クラフト・ハインツ<KHC>は22日、ベルナルド・ヒーズCEO(最高経営責任者)が6月30日付で退任し、後任にミゲル・パトリシオ氏が7月1日付で就任することを明らかにした。パトリシオ氏は「バドワイザー」ブランドで知られるベルギーのビール大手アンハイザー・ブッシュ・インベブの元CMO(最高マーケティング責任者)。

 パトリシオ氏は米たばこ大手フィリップモリス・インターナショナル<PM>や米清涼飲料大手コカ・コーラ<KO>などを経てアンハイザー・ブッシュに20年間勤務し、12年から18年7月までCMOを務めた。

 クラフト・ハインツは2月21日に発表した18年10-12月期決算で、過去の企業買収・合併に伴う、のれん代償却費用154億ドル(主に傘下の米食肉加工大手オスカー・マイヤー分)を減損損失として計上し、最終損益が126億0800万ドルの赤字(前年同期は80億ドルの黒字)に転落。傘下企業の主力商品であるサワークリームとカッテージチーズの事業見直しに着手したほか、コーヒー事業部門であるマクスウェルハウスの売却を検討している。

<関連銘柄>

 NASD投信<1545.T>、NYダウ投信<1546.T>、上場米国<1547.T>、

 SPD500<1557.T>、NYダウ<1679.T>、NYダウブル<2040.T>、

 NYダウベア<2041.T>

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ