株式新聞

2019年9月22日(日)

<相場の読み筋>5月8日

2019/5/8 7:33

 7日の米国株式は、大幅続落した。NYダウが前日比473.39ドル安の2万5965.09ドル、ナスダック総合指数が同159.533ポイント安の7963.756ポイントで取引を終了。NYダウは、3月29日(2万5928.68ドル)以来、約1カ月半ぶりに終値ベースで2万6000ドルを割り込んだ。出来高概算はニューヨーク市場が9億2254万株、ナスダック市場が24億9065万株だった。引き続き、米中貿易協議の先行き不透明感を警戒。リスク回避姿勢が強まるなか、NYダウは一時、650ドル近い下げをみせる場面もみられた。中国政府は、9-10日に米国で行われる貿易協議に出席する意向を示したが、反応は限られた。ハイテク株比率の高いナスダック市場では、アップルやアマゾン・ドット・コム、アルファベット(グーグルの持株会社)などが下げている。

 8日の東京株式は、落ち着きどころを探る展開となりそう。朝方は、現地7日の米国株式が大幅に続落したこともあり、売り先行となろう。引き続き、米中貿易協議への警戒感から、手控えムードが強まり、買い物薄のなか下値を試す場面も想定される。消去法的に、値動きの軽い中小型株に物色の矛先が向かいそう。為替相場は、ドル・円が1ドル=110円台の前半(7日終値は110円65-66銭)、ユーロ・円が1ユーロ=123円台の半ば(同123円87-91銭)と円高方向に振れている。7日のADR(米国預託証券)は円換算値で、武田薬<4502.T>、ファナック<6954.T>、シャープ<6753.T>などが7日の東京終値に比べ安い。シカゴ日経平均先物の円建て清算値は、7日の大阪取引所終値比290円安の2万1650円だった。

(イメージ写真提供:123RF)

関連記事

  • 決算前半・今期為替前提―7割近く110円集中

    1面トップ

    2019/5/7 17:31

     企業の決算発表が前半のヤマ場を越えた。相次ぎ打ち出される2020年3月期の業績予想では、投資家の大きな注目点の一つが為替の前提レートだ。米国の対中関税引き上げ表明を受けドル・円相場に動きが出始めたこ・・・…続き

    あ
  • 令和相場、波乱の幕開け

    ニュース

    貿易摩擦

    2019/5/7 17:30

     改元に伴う10連休の明けた5月7日の東京株式市場では、日経平均株価が一時前営業日比で383円下げ、終値でも2万2000円を割り込んだ。市場の想定を覆すトランプ米大統領の対中強硬姿勢を背景に、令和相場・・・…続き

    あ
  • 注目株フォロー

    プレミアムノート

    2019/5/7 17:30

    <パフォーマンス(3月29日~4月5日付)>掲載日付 銘柄(コード)――掲載前日値、その後の高値(高値日付、騰落率) 3月26日 サックスバー(9990)――1123円、1175円(3月27日、+4.・・・…続き

    p
  • 注目株:AKIBA――令和相場でも飛躍、増益幅さらに拡大へ

    1面注目株

    5G

    2019/5/7 17:30

     令和最初の注目株はAKIBAホールディングス(6840・JQ)。今年1月に株式新聞で「5G(次世代高速通信システム)」の有力銘柄として取り上げ、その後大きく値上がりした銘柄だが、余力はまだ豊富だ。 ・・・…続き

    あ

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ