株式新聞

2019年7月24日(水)

元気寿司がストップ安ウリ気配、20年3月期予想は営業利益24.4%減、コンセンサスを下回る

株式

2019/5/9 16:04

 元気寿司<9828.T>が700円ストップ安の3820円ウリ気配となった。8日引け後に19年3月期連結決算と20年3月期業績予想を発表、今期は2ケタ減益予想で市場コンセンサスを下回り、嫌気されている。

 20年3月期業績予想は、売上高が446億7000万円(前期比6.3%増)と増収ながら、営業利益は17億5000万円(同24.4%減)と減益に転じる。同利益の市場コンセンサス35億円強。外食産業において、根強い消費者の節約志向・低価格志向に加え、労働力不足を背景とした人件費の増加や原材料価格の上昇、業種業態を超えた競争の激化など厳しい経営環境が続くとみられている。

 同時に発表された19年3月期決算は、売上高が420億3400万円(前期比5.1%増)、営業利益が23億1300万円(同34.0%増)だった。

 9日終値は、前日比700円ストップ安の3820円。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ