株式新聞

2019年5月20日(月)

日経平均は110円程度安、値下がり率上位にマツオカ、住友精化、明治電機など

国内市況

株式

2019/5/16 9:48

 16日午前9時45分すぎの日経平均株価は、前日比110円程度安い2万1075円前後で推移する。寄付き直後、株価指数先物にややまとまった売りが出たことをきっかけに、午前9時35分には、同135円16銭安の2万1053円40銭を付けた。その後も、安値圏でのもみ合いとなっている。為替市場では、ドル・円が1ドル=109円40銭台(15日終値は109円50-52銭)とやや円高方向にある。

午前9時45分すぎの値下がり率上位銘柄(東証1部)

・マツオカ<3611.T>

・住友精化<4008.T>

・明治電機<3388.T>

・ノーリツ鋼<7744.T>

・朝日工<1975.T>

午前9時45分すぎの値上がり率上位銘柄(東証1部)

・クボテック<7709.T>

・オープンハウス<3288.T>

・三浦工<6005.T>

・Ubicom<3937.T>

・日機装<6376.T>

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ