株式新聞

2019年8月21日(水)

電子部品関連株が下落、米ハイテク株安を受けTDKや村田製などは4日続落

株式

2019/5/21 10:06

 現地20日の米国株式市場で、米政府による中国の通信機器大手ファーウェイに対する米製品の輸出を事実上禁止する措置を受け、米中の貿易摩擦の激化から、アップルやインテルなどのハイテク関連が下落。東京市場でも、影響を警戒して電子関連株がさえない展開となっている。

 TDK<6762.T>が一時280円安の7740円、村田製作所<6981.T>が同103円安の4541円、アルプスアルパイン(アルプスA)<6770.T>が同43円安の1840円、太陽誘電<6976.T>が同119円安の1835円と4日続落。アルプスAは4月8日の年初来安値2439円を割り込んている。その他では、キーエンス<6861.T>は同1780円安の6万3180円、日本電産<6594.T>が同300円安の1万4175円と続落している。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ