<相場の読み筋>5月22日

2019/5/22 7:33

 21日の米国株式は、3日ぶりに反発した。NYダウが前日比197.43ドル高の2万5877.33ドル、ナスダック総合指数が同83.349ポイント高の7785.724ポイントで取引を終了。出来高概算はニューヨーク市場が7億3392万株、ナスダック市場が18億6457万株だった。米商務省は20日、既存のファーウェイ製品に対し、ネットワークの保守やスマホ向けソフトの更新などを8月19日まで認めるとの一時的な措置を発表。米中貿易対立への警戒感が後退して、買い戻す動きが強まり、NYダウは一時220ドル近い上昇をみせる場面もあった。同指数の採用銘柄では、インテルやキャタピラー、アップルなどが値上がり率の上位に入っている。

 22日の東京株式は反発後、堅調な展開か。手掛かり材料には乏しいものの、現地21日の欧米株式が上昇した動きを受け、買い先行となりそう。直近で日経平均株価の75日線(21日時点で2万1426円)が上値を抑える格好となっており、同線が意識される場面も想定される。為替相場は、ドル・円が1ドル=110円台の半ば(21日終値は110円12-13銭)、ユーロ・円が1ユーロ=123円台の半ば(同122円84-88銭)と円安方向に振れている。為替相場の落ち着きを支えに、ハイテク株に見直しの動きがありそうだ。21日のADR(米国預託証券)は円換算値で、コマツ<6301.T>、パナソニック<6752.T>、三菱UFJ<8306.T>などが、21日の東京終値に比べ高い。シカゴ日経平均先物の円建て清算値は、21日の大阪取引所終値比120円高の2万2370円だった。

(イメージ写真提供:123RF)

関連記事

  • ミナトHD、PBR1倍割れと割安感顕著

    新興ニュース

    2019/5/21 17:30

     ミナトホールディングス(6862・JQ)は300円近辺でもみ合っているが、前3月期実績PBR(株価純資産倍率)が1倍を割り込んでおり、割安感が強い。中期的には見直しが期待できそうだ。 同社はメモリー・・・…続き

    7
  • 食品株に出番――欧州向け拡大へ

    1面トップ

    2019/5/21 17:30

     食品の成長市場として、欧州がクローズアップされそうだ。日本の海外への食品輸出額は今年にも1兆円超えが視野に入るが、中でもEPA(経済連携協定)が発効し拡大条件がそろった欧州向けは大きな伸び代を秘める・・・…続き

    あ
  • 交通事故対策に脚光

    ニュース

    2019/5/21 17:30

     全国で相次ぐ交通事故を受け、政府が対策強化に乗り出す。安倍晋三首相は21日に交通安全に関する関係閣僚会議を開催し、新技術を盛り込んだ事故防止の推進を指示した。ガードレールや自動ブレーキなどの関連銘柄・・・…続き

    s
  • 注目株:エンバイオH――土壌汚染対策、中国市場が本格化

    1面注目株

    2019/5/21 17:30

     今3月期の収益V字回復を狙うエンバイオ・ホールディングス(6092・M)の反騰相場が幕を開けた。中国の環境規制に伴う需要本格化の波に乗る。 連結営業利益は前期に6.3億円(前々期比19.5%減)に落・・・…続き

    あ

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ