株式新聞

2019年8月21日(水)

マザーズ指数反発、そーせいなど主力株に買い=新興市場・22日

 マザーズ指数が3日ぶりに反発。東京市場全般は上値の重い展開となったが、新興市場では主力級銘柄が一斉に上昇。そーせいグループ<4565.T>やメルカリ<4385.T>、サンバイオ<4592.T>などが堅調に推移した。オンコリスバイオファーマ<4588.T>、ALBERT<3906.T>、ラクス<3923.T>なども買われた。一方で串カツ田中ホールディングス<3547.T>、ファイバーゲート<9450.T>は安い。ジャスダックではオンキヨー<6628.T>、アサカ理研<5724.T>などが買われた。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ