株式新聞

2019年6月16日(日)

NTTドコモが5日続伸、SMBC日興証は「1」継続、目標株価は3000円に引き上げ

株式

2019/5/22 15:51

 NTTドコモ<9437.T>が5日続伸。SMBC日興証券では21日付で、投資判断「1」(アウトパフォーム)を継続、目標株価は2700円から3000円に引き上げている。

 6月から、広い認識の家族割引を軸にした新しい料金プランを、端末分離で導入、その影響で20年3月期は大幅減益計画ではあるものの、21年3月期から利益は回復し、21年3月期はコンセンサスよりも高い営業利益、純利益になると予想されるとコメント。

 同証券業績予想も、昨年11月に料金引き下げ方針の発表後に下方修正した水準から上方修正、新料金プランの効果が本当にあるのか、非通信事業を伸ばせるかが今後の焦点だが、22年3月期または23年3月期には19年3月期の利益水準への回復を予想している。業績、キャッシュフローが回復することが見えていることから、DPS成長の継続も予想され、21年3月期からの増益見通しと合わせて、株価評価の改善要因になることを見込んでいる。

 同証券では連結営業利益について、20年3月期8600億円(前期比15.2%減、従来9300億円、会社側計画は8300億円)、21年3月期9200億円(従来8000億円)、22年3月期9900億円と試算している。

 22日終値は、前日比6円高の2531円。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ