株式新聞

2019年8月21日(水)

オービックが続伸し年初来高値、業績超過達成で増収増益予想を評価

株式

2019/5/22 15:56

 オービック<4684.T>が続伸。株価は前日比480円高の1万3330円まで値を上げ、4月25日に付けた年初来高値1万3100円を更新した。19年3月期の連結業績が計画を超過し、20年3月期に増収・増益を見込んでいることが評価されている様子。

 4月23日の引け後に発表した同社の19年3月期業績は、売上高741億6300万円(前期比11.0%増)、営業利益379億3900万円(同17.4%増)で、営業利益は従来予想を29億3900万円超過した。主力の統合業務ソフトウエア「OBIC7シリーズ」が大企業のシステム構築向けに引き続き伸長する中、「システムインテグレーション事業」が営業利益190億2400万円(同13.0%増)と順調に推移。「システムサポート事業」も主力のシステムの「運用支援サービス」および「クラウドソリューション」のけん引により、営業利益173億6400万円(同21.2%増)と好調に推移した。続く20年3月期は、売上高1800億円(前期比7.9%増)、営業利益410億円(同8.1%増)を計画している。

 22日終値は、前日比110円高の1万2960円。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ