3日のPTS注目ポイント=日本ライトン、トランスG、パス、インスペック、ワークマンなど

株式

PTS

2019/6/3 16:39

▽日本ライトン<2703.T>、筆頭株主のLITE-ON TECHNOLOGY CORPORATION(中華民国台北市)が1株240円でTOB(株式公開買い付け)、完全子会社化

▽トランスG<2342.T>、国立がん研究センターと新規肺がんマーカーに関する共同研究契約を締結

▽パス<3840.T>、子会社のBlockshine JapanがTECHFUND(東京都渋谷区)と、大企業向け新規事業開発、新規事業立ち上げなどで業務提携契約を締結

▽インスペック<6656.T>、19年4月期の連結業績予想を増額、営業利益は3億1100万円(前期実績2億5600万円の赤字、従来予想は2億6000万円)に

▽日本創発G<7814.T>、上限10万株(自己株式を除く発行済株式総数に対する割合0.80%)・1億円の自己株式取得を発表

▽ワークマン<7564.T>、5月の既存店売上高は前年同月比31.6%増

▽伊藤園<2593.T>、20年4月期の連結営業利益は前期比0.8%増の230億円を予想、上限38万株(自己株式を除く発行済株式総数に対する割合0.43%)・20億円の自己株式取得を発表

▽ダイオーズ<4653.T>、20年3月期末に創業50周年記念配当を実施、特別配当、普通配当と合わせ期末一括配当は23円(従来予想は21円)、株主優待を拡充

▽カシオ<6952.T>、400万株(自己株式を除く発行済株式総数に対する割合1.62%)・50億円を上限に自己株式を取得

▽インソース<6200.T>、株式売り出しを実施、8月31日を基準日に1株を1.25株に分割

▽ゼネパッカー<6267.T>、19年7月期第3四半期(18年8月―19年4月)の連結営業利益は前年同期比3.6倍の5億4400万円

▽主な決算発表=オリバー<7959.T>、日本ハウスH<1873.T>、ティーライフ<3172.T>

▽主な月次発表=ALサービス<3085.T>、京都友禅<7615.T>、松屋<8237.T>

▽主な下方修正=マツモト<7901.T>

*午後4時30分時点

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ