デクセリアルが急騰、5Gなど高速伝送向けFPCの製造を容易にする低誘電ボンディングシートを開発

株式

2019/6/5 12:05

 デクセリアルズ(デクセリアル)<4980.T>が急騰し、一時38円高の726円を付ける場面があった。5日午前11時、5G通信などの高速伝送向けFPC(フレキシブルプリント基板)の製造を容易にする低誘電ボンディングシートを開発したと発表、材料視された。

 現在、5G通信などの通信・伝送の高速化が進み、その伝送路となるFPCには高周波の信号を損失なく伝えることが要求されている。同社では、FPC用層間接着材料の低誘電ボンディングシート「D5300Pシリーズ」を開発。液晶ポリマーと誘電率を下げた変性ポリイミドの両方の基材に対応するほか、接着強度に優れる製品や耐熱性に優れる2つのタイプを開発した。

 前場終値は、前日比26円高の714円。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ