株式新聞

2019年6月21日(金)

「山本伸のプレミアムレポート」 キヤノ電子(7739)

 今週から来週にかけて、政府は成長戦略(骨太の方針)を公表する見通しだ。その中に、親子上場の解消を促すガイドラインが盛り込まれることになっている。 それとタイミングを合わせるかのように、先週末には完全・・・

この記事は会員限定です。
会員登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

  • 信用残銘柄(6月7日申し込み時点)

    プレミアムノート

    2019/6/12 9:00

     信用残銘柄の表は、「信用買い残」「信用売り残」の増加、および減少株数でランキング100位までの銘柄を、信用倍率の前週比での改善、悪化度合いの順に並べ替えたものとなる。 「売り残増加」と「買い残減少」・・・…続き

  • 【お知らせ】米国株情報のリニューアルについて

    お知らせ

    6時間前

     日本株、米国株、中国株を並べて比較できるサイトの開発のため、米国株に関する情報をいったん非表示といたします。 お客様には大変ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒ご理解の程よろしくお願い申し上げます。  ・・・…続き

    49
  • TOA、反騰余地大

    1面トップ

    2019/6/11 17:30

     音響設備や映像設備を展開するTOA(6809)は、業績の底堅さが魅力。ただし、中期的にはインバウンド(訪日外国人観光客)対応に伴う国内の交通インフラや監視カメラなどのセキュリティー需要が収益を大きく・・・…続き

    あ
  • レオパレス、失望売り――新たな施工不良が判明

    ニュース

    2019/6/11 17:30

     レオパレス(8848)は新たな施工不良が判明したことで失望売りが出る場面があった。 同社は10日、5月末までに1万6766棟のアパートで施工の不備が見つかったと発表。4月末の時点から新たに1138棟・・・…続き

    1

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ