株式新聞

2019年6月21日(金)

マザーズ指数反落、HEROZは大幅高=新興市場・13日

 マザーズ指数が5日ぶりに反落。利益確定売り先行の地合いとなった。メルカリ<4385.T>、サンバイオ<4592.T>、マネーフォワード<3994.T>などが安く、VALUENEX<4422.T>は大幅安。一方でAI関連の人気が高く、好決算も相まってHEROZ<4382.T>が大幅高。個別ではシルバーライフ<9262.T>やJMC<5704.T>の上げも目立った。ジャスダックではハーモニック・ドライブ・システムズ<6324.T>、メイコー<6787.T>が下落した。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ